筋トレ中に気持ち悪くなるのは酸欠が原因だった、改善方法とは?

筋トレを本格的に始めると、筋トレ中に気持ち悪くなったり頭痛がしてきたりする事がよくあります。今回は筋トレ中に気持ち悪くなる理由などを詳しく説明していきます。

まず筋トレ中に気持ち悪くなる原因には酸欠が原因にあります。言葉の通り酸素が足りてない状態の事を言うのですね。激しい筋トレをすると、筋肉が沢山の血液を必要としていきます。その際に赤血球に含まれている酸素が必要になり、筋肉に優先的に血液が流れていきます。その結果、内蔵への血液量が減り消化機能が低下してしまうのです。

消化不良を起こした結果、体は胃腸にある食物を外に出そうとして吐き気を催すようになります。これが体が気持ち悪くなる原因なのです。またこの減少は筋トレ以外にも、普通の運動中にも起こる減少です。

では気持ち悪くならないようにするにはどうすらば良いでしょうか?まずは呼吸を止めずに筋トレをする事です。筋トレではどうしても回数や重さに集中しがちですが、本気で筋トレをするなら呼吸の仕方を覚えておかないと、酸欠になってしまうというわけです。

例えばスクワット時の呼吸法にしゃがむ時は息を吸って、立ち上がる時に履くようにしましょう。ベンチプレスの時も降ろす時に息を吸って、上げる時に吐きます。軽く吸うのではなく、ゆっくりと長く吸って吐くようにしています。当然力を入れながら呼吸をすることになります。

最後に余談ですが夏場筋トレする時は、冷房を入れた状態でやりましょう。暑い時期に汗をかく事をしてしまうと熱中症になってしまうからです。